cachikuのブログ

元「本を読んだ気になるブログ」です。個人の備忘録である点は変わりません。

【移転しました】クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.012|戦術とは個々の戦闘を形成するもので、戦略とはその戦争をどう使用するのかを規定するものである

本記事は以下に移転しました。

 

swatanabe.hatenablog.com 

つづきも順次移転予定です。ご了承ください。

 

-----

 

《参考図書》

 

《今話で取り扱う範囲》

  • 戦争術の区分(第2篇・第1章)

 

     ◇

 

戦術とは個々の戦闘を形成するもので、戦略とはその戦争をどう使用するのかを規定するものである

転職直後で社畜と化しており、更新が絶賛滞り中です。でも、備忘録だから別にいいやと自分に甘えています。

今回から第二篇です。まず第1章は「戦争術の区分」と題して、戦争を闘う上で用いられる知的活動の分類について語られます。タイトルがなんかわかりにくいですが。

 

まずクラウゼヴィッツは、戦争とは本来、闘争であり、それには身体的な力はもちろん、精神的な諸力も必要であると述べています。このあたりは第一篇でも同様のことが語られていたので、わかりやすいかと思います。そして人類はこの闘争の求めに応じて、さまざまな武器や装備、およびその使用法を発明・習熟してきました。

ですが、これらの武器や装備はあくまでも「手段」に過ぎず、闘争の本質ではありません。それは武器を用いようが素手で殴り合おうが、両者が同様に闘争であることからも明らかです(戦争が殴り合いの延長線上にあることは、すでに第一篇の冒頭あたりで説明した通りです)

 

よって、クラウゼヴィッツは、この武器や装備など「戦闘力を構成する要素」と、それらを「実際に使用すること」をわけて戦争術を考えていくことになります。具体的には「戦力を準備=組織すること」つまりは「手段」そのものの話と「準備=組織した戦力を使用すること」すなわち手段の運用の話に区分しています。

 

(以下、移転済み)