読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んだ気になるブログ

難しい本を中学生でも分かるくらい簡単に解説する予定のブログ

コーベット『海洋戦略の諸原則』vol.003|戦争には死に物狂いで勝ちに行くものと、そこまで重要でもないものがある

コーベット『海洋戦略の諸原則』

《参考図書

  • コーベット『海洋戦略の諸原則』(原書房、矢吹啓訳)

 

《今話で取り扱う範囲》

  • 戦争の性質―限定と無制限(第1部・第3章)

 

     ◇

 

戦争には死に物狂いで勝ちに行くものと、そこまで重要でもないものがある

さて、絶対戦争の定義を見直すなかで、クラウゼヴィッツは戦争が「政策のほかの手段による継続」であることに辿り着きました。それは第1章で見た通りですね。

彼はそこからさらに考察を進めて、戦争の目標を「限定的」と「無制限」の2つに分類するに至ります。

 

それまでの軍略家たちは、目標の物質的な要素しか分析してこなかったため、この違いを見いだせなかったとコーベットは言います(ちなみに、クラウゼヴィッツも『戦争論』の中で似たようなことを言っています)。彼らは「戦争が戦われた目的」(同盟国の救援、領土の獲得など)によって戦争を分類しようとしました。それに対して、クラウゼヴィッツは、そうした区別は非哲学的であり、戦争を理論化する上で正当ではないと確信していたのです。結果、彼は戦争における「精神的な要素」に価値を見出し、それを踏まえて再分析したことで、上述の結論に至りました。

 

続きを読む

コーベット『海洋戦略の諸原則』vol.002|攻勢と防勢は表裏一体である、片方だけでは存在し得ない

コーベット『海洋戦略の諸原則』

《参考図書

  • コーベット『海洋戦略の諸原則』(原書房、矢吹啓訳)

 

《今話で取り扱う範囲》

  • 戦争の理論―攻勢と防勢(第1部・第2章)

 

     ◇

 

攻勢と防勢は表裏一体である、片方だけでは存在し得ない

第1章の内容から、戦争はその目的の中身と重要性によって性格が異なることが分かりました。ただ当然ながら、その偏差(平均値との差。ここでは、戦争の理論的定義とどれほど異なるか)は無限にあるため、戦争を実践的に研究することは、ほとんど不可能であるようにも思われます。

 

ですが、有益な区分体系などが存在するのも事実だとコーベットは言います。その一例として、彼は「戦争の政治的目的の区分」を挙げます。

 

続きを読む

コーベット『海洋戦略の諸原則』vol.001|何のための戦争か目的が分からないと参謀は軍隊を鍛えることしかできない

コーベット『海洋戦略の諸原則』

《参考図書

  • コーベット『海洋戦略の諸原則』(原書房、矢吹啓訳)

 

《今話で取り扱う範囲》

  • 戦争の理論(第1部・第1章)

 

     ◇

 

何のための戦争か目的が分からないと参謀は軍隊を鍛えることしかできない

昨年の9月に原書房さんから邦訳が出版されたコーベットの著作です。それ以前にも『戦略論大系』シリーズなどで出てはいましたが、同社からの邦訳のほうが個人的には綺麗で読みやすいです。あと本としての出来も綺麗です。苦笑。

 

並行して更新しているクラウゼヴィッツ『戦争論』は、一行一行を丁寧に追って、可能な限り漏れなく解説するようにしますが、こちらは気楽に流し読み程度の解説を書き殴っていきます。

 

今回は第1部・第1章の「戦争の理論」についてです。

 

続きを読む

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.008|優れた将帥には軍事的天才が求められる

クラウゼヴィッツ『戦争論』

《参考図書

 

《今話で取り扱う範囲》

  • 軍事的天才(第1篇・第3章|〜p.98)

 

     ◇

 

優れた将帥には軍事的天才が求められる

第3章は「軍事的天才」と題されて、戦争の天才について考察していきます。

 

ここでいう「天才」とは、人を指してはいません。周囲から抜きん出た知性と情意(感情)を併せ持った精神のことを意味しています。つまり「軍事的天才」とは、戦争に関係する知性や情意が抜きん出たレベルに達している精神のことです。

 

国民の多くにこの「軍事的天才」が行き渡っていると、この国の軍隊は非常に強いものとなります。ですが一方で、国民のほとんどに「軍事的天才」が見られないと、この国の軍隊は非常に弱いものとなります。これを言い換えて、クラウゼヴィッツは「文明国からしか軍事的天才に優れた真の将帥は現れない。文明国でなければ、知性が欠けてしまう」と述べます。

 

さて、ではこの「軍事的天才」について具体的に見ていきましょう。まず構成する要素は以下の通りです。

 

続きを読む

クラウゼヴィッツ『戦争論』vol.007|どんな手段を用いる戦争であれ、必ず「闘争」を伴わなければならない

クラウゼヴィッツ『戦争論』

《参考図書

 

《今話で取り扱う範囲》

  • 戦争における目的と手段(第1篇・第2章|p.75〜)

 

     ◇

 

どんな手段を用いる戦争であれ、必ず「闘争」を伴わなければならない

戦争とは敵戦力を撃滅して、こちらの意志すなわち政治的目的を相手に強要させるための手段です。ですが、その目的達成のために用いられる手段が、必ずしも敵の殲滅だけではないことが、前回に取り上げた箇所で示されました。

ですが、戦争の最終的な目的が「敵戦力の撃滅(からの政治的目的の強要)」であることには変わりがありません。どんな手段であっても、それはこの目的を志向していることを見落とさないようにしましょう。

 

たとえば、いち領土の占領を目標とする作戦があるとします。このとき敵を撃滅するのは、もちろん「領土を占領するため」ですね。つまり目標は「領土の占領」です。しかし、なんのために領土を占領するのかと言えば、それはすなわち「敵戦力の撃滅からの政治的目的の強制」を実現するためです。

 

さて、このように「敵の撃滅」以外にも取り得る手段(目標)があると分かりましたが、ではこの前回に登場した6つの手段(クラウゼヴィッツはこれをよく「軍事的行動」と呼んでいます)のあいだの優先度はいったいどうなっているのでしょうか。

 

続きを読む